今年の冬の異常な厳しさ(2018.1.27)

今年の冬の厳しさは約半世紀ぶりで、毎日最低気温がー5°C前後となっており、1/22に降った雪が一向に溶けず、1週間経った今日自宅周辺を散歩してみても、畑はまだ一面の銀世界となっています。

1/26(金)の朝はとうとう自宅の温水器が凍結し、復旧したのは午後3時頃だと家内から聞きましたので、昨晩は水をちょろちょろと出し放しにして凍結を予防しましたが、自宅所有のマンションに住んでいる長男から今朝電話があり、水が一切出なくなり、トイレも使えないので、孫と一緒にシャワーを使わせてほしいとのことでした。

マンションでも温水器が凍結してしまうのだと驚きましたが、懇意にしてもらっている住宅設備会社に電話して聞いて見たところ、日中温かくなるまで待つしかないとの回答で、長男には今晩は水をちょろちょろと出し放しにしたほうが良いと忠告しておきました。

首都高速でもまだ一部通行できない所があり、その原因が高層マンションの日陰になって雪が溶けないためだとTVで言っていましたが、幸い1/22以降東京都内や埼玉県に行かなければならない用事がないので、大渋滞に巻き込まれないで済んでいますが、1/31〜2/1にかけてまた南岸低気圧が通過し関東地方は広い範囲で雪が降る可能性が出てきたとのことで、戦々恐々としています。

また、インフルエンザの患者数も283万人となり、実に日本の全人口の40人〜50人に1人の割合で罹患していることになり、温かい春が待ち遠しい今日この頃です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

調査士ブログランキングに参加しています。
バナーが貼れませんので、下の「調査士ブログランキング」をクリックして応援してください。

調査士ブログランキング

ご相談・お問い合せはこちら

土地分筆・合筆・地目変更登記、面積確定測量、建物新築・滅失登記に関するご質問にお答えします。また、固定資産税を払いすぎているかもしれないとお感じの方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。
 

phone-number1-3.jpg
 

お客様相談室 はこちら