境界確定測量と地積更正登記(2018.2.3)

他の事務所様でも同じ傾向があることと思いますが、幣事務所においては地積更正登記に比べて登記申請を伴わない境界確定測量のご依頼が圧倒的に多いです。

両者を比較すると登記申請がない分金額にして4〜5万円境界確定測量の方が報酬が安いから止むを得ない部分があるのかも知れませんが、地積測量図が法務局に備え付けられないので、情報の共有という面からみると大きな社会的損失になっていると感じざるを得ません。

また、境界確定測量を選択するもう1つの大きな理由は、地積更正登記をして地積が大きく縄伸びした場合、固定資産税がアップしてしまうことで、止むを得ず地積更正・分筆登記をする場合には、施主様はどれ位固定資産税がアップするのかを気にする方が多いのも事実です。

しかし、登記識別情報と違って、実測平面図や筆界確認書をどこかへしまい忘れてそのままお蔵入りというケースも多く、折角多額の費用を投じても日の目を見ないという現実に疑問を感じざるを得ません。

もっとも、登記を伴わない境界確定測量のご依頼が多いという点では、調査士資格を有しない測量会社が生き残っていけるという側面もあり、なかなか簡単には片づけられないバックグラウンドがあるのだなと感じてしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

調査士ブログランキングに参加しています。
バナーが貼れませんので、下の「調査士ブログランキング」をクリックして応援してください。

調査士ブログランキング

ご相談・お問い合せはこちら

土地分筆・合筆・地目変更登記、面積確定測量、建物新築・滅失登記に関するご質問にお答えします。また、固定資産税を払いすぎているかもしれないとお感じの方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。
 

phone-number1-3.jpg
 

お客様相談室 はこちら